love ファッション

ラブ ファッション : シューズページ

最終更新日:2014/9/17

シューズとは?

シューズはおしゃれには欠かせないファッションアイテムですよね。良い靴は良い場所へ導いてくれるとも言われるほど、靴は大切です。自分にぴったりの靴を見つけましょう。


靴選び

靴を選ぶ際、自分の足にサイズに合っているかどうかは大事なポイントとなります。靴は、全体重を支える大事なアイテムです。また、一日に長時間履いているものですから、万が一、足に合っていない靴を選んでしまった場合は、足が痛くなってしまって、歩けなくなってしまうこともあります。 それによって歩き方も変わってきてしまいますので、姿勢にも負担をかけてしまうかもしれません。そうなると、体にも歪みがでてしまって、余計に姿勢が悪くなることもあります。靴のサイズを知らないだけで、いろんな影響をうけることもありますので、ぜひ、自分の足のサイズにあった靴を選びましょう。それだけ、靴選びは重要ですので、しっかりとポイントをおさえて靴を選びましょう。


靴選びのポイント

靴を選ぶ際は、まず、足の形にしっくり合っているかをチェックしましょう。足の幅はちょうどいいサイズかどうか、土踏まずにきちんとフィットしているかどうかや、圧迫感がないかどうかなどきちんと確かめましょう。そこで、普段は靴下をはいて靴を履く場合は、必ず靴下をはいて試着しましょう。また、パンプスなどの場合は、普段はストッキングを履いているのであれば、必ず着用してから試着するようにしましょう。

また、靴選びで重要なポイントは、靴のつま先部分に余裕があるかどうかです。約1cm程の余裕のあるサイズを選びましょう。歩いているときは、どうしても足は靴の中で動いてしまいます。そのため、靴のつま先部分がピッタリの靴の場合は、途中で圧迫感がでてきてしまい、足を痛めてしまう場合もあります。また、足はむくみやすい部分でもありますので、朝と夕方では、足の大きさに若干違いがでてくるでしょう。そのときも、やっぱりつま先部分に余裕がないと、足を痛めてしまいますので、つま先部分の余裕は大切にしましょう。

また、足は両足が同じサイズだとは限りません。形も違いますので少しだけサイズが異なることがあります。そんなときは店員さんにお願いして、靴底を入れてもらうようにしましょう。靴は両方とも同じサイズでしか売ることができませんので、片足ずつ異なったサイズで購入することはできません。そのため、どちらかの足のサイズに合わせて、片足は調整する必要があります。一般的に考えて、大きい方の足に合わせてサイズを選びます。そして、少し小さめの足の靴に、靴底を入れてもらいフィットするように調節しましょう。

パンプスの場合は、かかとのカーブと、靴のカーブが合っているかどうかチェックしましょう。靴擦れの原因になってしまいますので、きつすぎてもだめです。1mmくらいの余裕があるくらいがピッタリと言えるでしょう。また、履き口と、足の幅がしっかりとフィットしているかどうかもチェックしましょう。こちらもきつすぎてもダメなので、無理のないフィット感がベストといえるでしょう。次に、つま先のゆとりです。パンプスも1cm程の余裕が合った方が良いですよ♪

check

作曲 レッスン
http://www.wings-music.com/sakuhen.html

Warning: file_get_contents(http://m200b305.f018jp0267.info/random_admin_4a/script/randlink.php) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/zazkkyr0/public_html/inc/randlink.php on line 12